考古学・ケーススタディ

Archaeology Case Studies: Grad601 Gradiometer

これらの6つのケースは Grad601 1軸グラディオメーターを用い地中を検出し考古学的な特徴を示す情報が得たケーススタディで、オックスフォード大学の好意により提供されました。 様々な環境での磁気調査の有効性を示しています。

Iron Age and Romano-British features, in sand and limestone:

Romano-British settlements, in Kimmeridge clay:

Banjo enclosures and Roman villa, in upper greensand and chalk:

地球物理調査は掘削した後埋めるという考古学的な特徴を検出できます。溝、穴などの特徴ははっきりとした黒っぽいイメージとして現れます。 Survey1及び5は土壌中の石造りの土台は、白っぽい色にて検出されています。

磁気調査がうまくいくかどうかは、表面と地中の土壌に差があるかどうかによります。 人の居住や活動により地表の帯磁率は増えるため、調査には適します。

オックスフォード大学のWilliam Wintle、Paula Levick、Dr David Griffithsには 調査結果の複製させていただき、大変感謝しております。