ヘルムホルツコイルシステムと試験装置

バーティントン社は安定した一様の磁場空間をつくるためのヘルムホルツコイルを取り扱っています。

ヘルムホルツコイルは最大3対のコイルにより構成され、それぞれのコイルはパワーアンプ(PA1)、インターフェイスであるコントロールユニット(CU1)、 National Instruments™社のDAQカードに接続し、1軸方向に磁場を発生します。 試験用の製品を支えられるためのマウント台が付随します。

CU2 クローズループシステムは、コントロールモジュールとリファレンス磁気センサからなり、DCの磁場変動をアクティブに補正や 主な周波数までのAC磁場を減少します。このモジュールは現存するシステムに容易に追加することも新しいシステムと共に提供することもできます。   CU2モジュールにより、完全なヘルムホルツコイルシステムのセットアップが容易になります。

ヘルムホルツコイルは、センサの校正や試験に使われる他、研究室等で安定した磁場環境をつくるのに使用されます。

HC1 は直径500mmのコイルで260cm3(0.1%)の一様の磁場空間をつくります。  HC1・ヘルムホルツコイルは1-3軸までの軸数から選択でき、DCにて最大500μT、3kHzで最大100μTの磁場を発生します。

HC2   より大きいものの試験用に設計されたコイルは、直径が1mで14000cm3(<1%)、   2500cm3(<0.1%)の一様磁場空間をつくります。   輸送を容易にするため、フラットパックの形で運送されます。

HC9 基準の直径350mmのアルミのサポート上につくられたBartington社で扱っている最も小さいヘルムホルツコイルです。 DCから440Hzにて最大1mTの磁場、5kHzにて100μT以上の一定磁場を発生します。 HC9は175cm3(<0.1%)、1150cm3(<1%)一定磁場空間をつくります。

HC16 基準の直径350mmの非導電性物質でできたサポート上につくられたBartington社で扱っている最も小さいヘルムホルツコイルです。  DCから440Hzにて最大1mTの磁場、5kHzにて100μT以上の一定磁場を発生します。 HC9は175cm3(<0.1%)、1150cm3(<1%)一定磁場空間をつくります。

Ferronato™ Coils さらに大きなサイズの物のテスト用にBartington Instruments社はServiciencia S.L.で製造されたバーティントン社のPA1 パワーアンプ、 CU1コントロールユニットと共にヘルムホルツコイルを提供します。コイルの直径は1.3m(BH1300)と2m(BHC2000)があります。

ヘルムホルツコイルコントロールシステム PA1パワーアンプ、CU1コントロールユニット、CU2クローズドモジュールを含み、ヘルムホルツコイルへの電流制御します。

試験装置

試験装置のためのシステムを製造しています:

消磁ワンド 交流磁場を発生し、磁気シールド内等に蓄積された残留磁場を取り除くために使用される手持ちのワンドです。

磁気シールド ミューメタル製の円筒型のチャンバーは、~50,000nT程度の地磁気を~1nT程度まで減少します。 オープンエンドもしくはノイズを減らすためのクローズドエンドタイプのものがあります。

-->