防衛 - 海中

Magnetic Anomaly Detection system on P3C ORION
 

バーティントン・インスツルメンツ社は、沖合での防衛の契約の専門的な要求にあった幅広い高性能の磁気センサやシステムを取り扱っています。

海中で使用できる3軸磁気センサ Mag-03RC はデータ収録システム DAS1と共にデガウス中の潜水艦の時期シグニチャーの測定に使用されます。

アクティブなデガウス制御には Mag-03MSS3軸磁気センサは をマストの先に付け、 Mag-03DAMデータ収録モジュールとして使用できます。

港での監視では、電力、周波数、海岸近郊など測定したい物質によりいくつかの磁気センサが使用できます。 Mag-03RCは 最大2kmのケーブルを用いて使用できます。 Mag648S 低電力3軸磁気センサは、低電力を必要とするアプリケーションに使用されます。 Mag-03MSS3軸磁気センサは 小型で周波数領域が広いことにより使用されます。沖合では Mag648S プラットフォームの周辺の監視や浮きなどによる検知システムに使用されます

海中での不発弾探知や磁場アノマリーの検知には Grad-03 3軸グラディオメーターが使用できます。

Mag-033軸磁気センサは海軍の船の建設中に 磁気スクリーニングにて陸地で使用できます。

Mag613海中での磁気センサアレイは 設計中の船のモデルの磁気シグニチャーをモデルするために使用されます。