地球科学分野でのアプリケーション

Geosciences: Applications

地球の内部構造

地殻と上部マントルの伝導性の構造を調査するためにマグネトテルリック法(MT法) が用いられます。  Mag-03MSL Mag-03MSESL センサにより低周波での長期的な観測をすることで、地表から数100kmの伝導性を の変動のモニタリングができます。

地震研究

地震研究において、マグネトテルリック(MT)法での長期的な磁気の分析や Mag-03 センサは断層のマッピングや形状の調査に使用されます。断層面は通常伝導性が比較的高く、液体があるためより明らかです。

汚染調査

金属により汚染は高い帯磁率を示すため帯磁率計は汚染調査に使用されます。バーティントン社の MS3  測定器をMS2DやMS2Fプローブと共に用いることで、マッピングに使われます。      MS2Bセンサは、個々の土やデュアル周波数での特徴調査、MS2Gセンサは大気中の粒子測定、MS2Eセンサは葉を利用しての 帯磁率測定に使用されます。

ケーススタディ: 汚染調査における帯磁率測定

地形学

浸食の物質のシグニチャーの帯磁率を調査することにより、物質が元にあった場所距離の調べるために使用されます。 このアプリケーションでは MS3   とMS2B、MS2D、もしくはMS2Fセンサとの組み合わせで用いられ、土がどのタイプの岩石に由来するかの情報がわかり、浸食プロセスの調査に用いられるます。


ケーススタディ:  ランドスケープダイナミクスでの帯磁率

古環境研究

温度や雨などの天候的な条件は土砂がどのように作用するかに影響します。乾燥して寒冷な天候下においては、 土砂が沈殿し化学的なプロセスは促進されません。しかし、温暖で湿気の多い環境では化学的もしくは生物的なプロセスが促進され、 磁気的なプロセスも促進されます。バーティントン社の MS2/MS3 測定器により風により運ばれたちりの帯磁率を測定することにより天候の変動を 調査できます。

ケーススタディ:  天候移り変わりでの帯磁率