地球科学

Geosciences

 

バーティントン社の製品は長期間における 地震の研究気候変動調査汚染調査、 や地形学における 浸食プロセス などの様々な地球科学分野での調査に使用されています。

地球のより深い場所の構造の研究では、 マグネトテルリック において、地殻とマントルの伝導性の構造を調査するため Mag-03 が使用されます。

また、センサは断層マッピングや構造調査などの長期的な 地震の研究 にも使用されます。

風により運ばれたちりの帯磁率を測定することで、 古気候研究 を行うことができます。これは高い帯磁率をもつ金属的な 汚染 を検知するのに使用されます。

バーティントン社は MS2/MS3 帯磁率計を幅広いセンサと共に使用することで 深海での土壌調査、マッピング、土壌や葉、空気中の粒子などの調査に使用されます。

地形学 調査において、MS2/MS3 帯磁率システムにより岩石の元となる土砂の情報を得ることができます。

Mag-01H DI 伏角・偏角システムは地磁気観測機器の周期的な校正のための絶対的な測定のツールとして使用されます。

古気候学調査や古海洋学研究において、 BSS-02Bゾンデ がボアホール孔での地層調査 に使用されます。

Aアプリケーションノート    CSケーススタディ