水平方向への傾斜掘り

磁気センサを使用し油性の相対的な位置を把握する技法は、石油やガス産業の他、浅い水平方向での傾斜堀りは、川やユーティリティ、地下の建造物を避けるために用いられることがあります。

掘削装置での磁気センサは、2つのボアホールを結合する際用いられ、パイプやケーブル、その他の磁性体のあるものがあるかの情報を得ることができます。この用途において、グラディオメータ(Grad-13 )、磁気センサ(Mag-13Mag690Mag648/649)が使用されます。