Mag-01H 1軸

スタンドアロンで持ち運び可能な高性能な1軸磁気センサです。DC磁場の強度の測定及び表示、プローブ方向の低周波の磁場変動を測定します。

最大2mTと測定範囲が広く、時間・温度に対するドリフトが小さいセンサです。解像度は最小にて0.1nTです。また、センサのトレーサビリティは国の規格に準じています。

Mag-01Hはオフセット制御及び増幅のスイッチがついており、最大0.1nTの精度にて測定・表示できます。プローブは軸上、横軸上、低磁場(0.2mT)、高磁場(2mT)といくつかのタイプがあります。

高真空、低温にて使用できるプローブエンクロージャもあります。

整数のオートスケールの数値は磁場強度を表示します。アナログ出力はADカードに接続できます。内部の充電可能なバッテリーにより16時間連続して使用できます。通常の100Vコンセントに接続しての使用も可能です。

  • 軸上、横慈雨、低温プローブの取り扱いがあります。
  • 低磁場(0.2mT)、強磁場(2mT)の2タイプあります。
  • 最小0.1nTの精度で表示できます。
  • 100Vコンセントからもしくはバッテリーによる駆動