BSS-02B ボアホールゾンデ

BSS-02B Borehole Magnetic Susceptibility Sonde

 

BSS-02Bは最大6000mの深さでの岩石の帯磁率測定に使用されるボアホールプローブです。 ゾンデは通常ウラニウム・鉄・ダイアモンドのための鉱物探査や堆積学に用いられます。

電気回路を含んだ円筒形のアルミニウムのエンクロージャと検出器が入った強度で非磁性のエンクロージャの2つの部分により 構成されます。エレクトロニクスのエンクロージャは耐圧力のエンクロージャ内にある必要があります。 通常伝達エレクトロニクスと共にダウンホールロギングシステムの販売会社より提供されます。

ゾンデは未制御の+15Vの供給源により作動します。3本のCMOSシリアルインターフェースの形の出力と 1本のレートメータ及びカウンターなどパルスメーター出力があります。

主なアプリケーション:
  • 鉱物探査。
  • 堆積学。 (地層相関調査。)
  •  

    特長:
  • 10-5 to 10-1 cgsの測定範囲。
  • 1.36kHzの作動周波数。
  • 25mmの地層解像度。
  • 圧力最大10,000psiまで対応。
  • 稼働温度120oC、(90oCまでの校正。)
  • 1秒あたり最大21回の計測速度。
  • 温度によるドリフトが小さく、90oCまでの大気中にて0x10-5cgs

  • Bブローシャ M操作マニュアル OD図面 ANApplications Notes VVideo ACAcademic Papers CSCase Studies