Mag628/669 3軸航空用磁気センサ

航空用センサ

 

ウルトラローノイズのセンサは航空宇宙用途での用途に使用できるよう開発されました。 Mag669はセンサヘッドのアセンブリとアンパッケージのエレクトロニクスの2つの部分により構成されます。 必要とする空間、重量に見合うようエレクトロニクス部はシステムに組み込まれます。 全体の測定範囲は±75µTでノイズが小さく航空磁気のベクトル方向の補正に使用されます。 各軸センサは1点で交差しているため、測定箇所を確実に定義できます。また、センサヘッドは組込ケーブルが付随します。

アプリケーション
  • 磁気アノマリー検知
  • ナビゲーション
  • 航空磁気のベクトル補正

  • Mag669は CAEの磁場アノマリー検知に使用されています。P-3CやP-8lなどで使用されています。

    MAD-XRシステムで使用されているMag669により無人のプラットフォームやヘリコプターからの配置に使用されます。

    特長:
  • 耐振動、耐衝撃、耐熱軍事規格に準じており、航空プラットフォーム用に設計されています。
  • ノイズ: < 4pTrms/√Hz @1Hz
  • 高精度のアナログ出力
  • -55°Cから+55°Cの広い温度範囲で使用できます
  • 各軸センサは1点で交わっています。

  • 輸出ライセンス:

    この製品は軍事用と分類されており、輸出ライセンスが必要となります。


    Bブローシャ M操作マニュアル OD図面