宇宙・航空

宇宙分野のアプリケーション

バーティントン・インスツルメンツ社は、宇宙環境にて使用できる幅広い磁気センサやシステムを取り扱っています。 ロケットの姿勢検知、地磁気マッピング、ロケットなどの磁気シグニチャーの測定用に使用されます。

Spacemag は惑星間、宇宙空間などの長期間でのミッションでの使用に適しています。信頼性があり、真空対応、150kRadの放射性対応部品による構成も可能で、 振動・衝撃はNASAの規格に準じています。低地球周回軌道ミッションでは、CubeSat小型サテライト組込用に設計されたアンパッケージドの Spacemag-lite が使用されます。

 
空中での磁気測定

バーティントン社は変則的な磁場変動の測定や監視システム組込用などの航空分野にて使用される磁気センサを取り扱っています。

近年では無人飛行機(UAV)などでの使用が広がっており、 Mag628/669が使用されています。これらのセンサは防衛での規格に準じています。

Mag-03Mag658 デジタルフラックスゲートセンサは無人飛行機(UAV)を含むスタンドアロンでの航空測定に使用されています。

航空機のナビゲーションに使用されるコンパスは定期的な性能検査が必要となります。2つの Mag-01H DI によりコンパスのベースやパッドの較正確認ができます。航空機から取り外した後、較正手順において偏角の変動のモニタリングに使用されます。また、コンパスの較正に ヘルムホルツコイルが使用されることもあります。